永久脱毛って本当に永久に生えてこないのか?永久脱毛の意味と脱毛の方法

気になるムダ毛の処理…肌トラブルにつながる自己処理はもう卒業して、脱毛に行きたい!
どうせ脱毛するならずっと生えてこない永久脱毛がいいけど、そもそも永久脱毛って本当に永久に生えてこないのだろうか?
他の脱毛とどう違うのだろうか、リスクなどはあるのか?
今回は永久脱毛について詳しくまとめてみました。これから脱毛に行こうと思っている人は是非参考にしてみてください。

永久脱毛とは

永久脱毛というと、その名前から永久に毛が生えてこないものだと思いがちですが、そうではありません。アメリカのfdaによると、永久脱毛は、”脱毛完了の1カ月後に生えてくる毛が20%以下であること”と定義されます。なので、全く生えなくなるというわけではないようです。脱毛完了から生えてくるまでの期間には個人差があり、数年経っても全く生えない人もいれば、数か月経ってから何本か生えてきてしまう人もいます。再び生えてきてしまう原因としては、ストレスや生活習慣の乱れによるホルモンバランスの変化や、脱毛による産毛の変化などが考えられます。しかし、生えてきたとしてもその毛は脱毛をする前に比べると、薄く、量も少ないはずです。「せっかく永久脱毛したのにまた生えるなんて…」と残念に思うかもしれませんが、完全に毛量や毛の濃さなどが元に戻る心配はほぼありません。

現状、日本では明確な定義がありませんが、簡単に言うと永久脱毛とは、『高い減毛率を長期間にわたり維持できる脱毛法』とお考えください。

永久脱毛は本当に「永久」なの?
「永久脱毛」とは、本当に永久に1本も毛が生えてこないということなのでしょうか?永久脱毛の定義についてお伝えします。

永久脱毛のやり方

脱毛の方法として、針脱毛、レーザー脱毛、光脱毛とありますが、中でも永久脱毛としての効果が最も高いのが針脱毛です。
針脱毛は電気脱毛とも呼ばれその名の通り、ニードルと呼ばれる針のような器具を毛穴に挿入し、直接毛根に電流を流して毛乳頭を破壊します。これによりムダ毛が生えないようになります。毛穴一つ一つに行っていくので、時間はかかりますが、直接電流を流す為効果は高く見られます。

針脱毛のメリットは、光脱毛やレーザー脱毛ではできない部位の脱毛ができることです。光脱毛やレーザー脱毛は色に反応させて毛根にダメージを与えるのに対し、針脱毛は直接毛根にダメージを与えるので、肌の色や状態などに関係なく脱毛することができます。なので、ほくろや日焼けした状態の肌でも施術が可能となります。また、色に反応させる光脱毛やレーザー脱毛では効果の薄い、指毛や手の甲などの薄い産毛や針脱毛なら綺麗に脱毛することが可能です。
効果の高い針脱毛ですが、デメリットは高額な料金と強い痛みが伴うことです。光脱毛やレーザー脱毛では、部位ごとの料金設定が多いですが、針脱毛では毛の本数や分単位の時間で料金が決まり、毛量が多い人や、範囲が広い部位程高額になってしまいます。また、毛穴に直接ニードルを挿す痛みはとても強いそうです。毛穴に直接通電させてそれを一本一本行っていくので、やけどしているような痛みが続きます。激しい痛みに耐えられない人も少なくない為、針脱毛をやっているところでは麻酔をしてもらうことも可能ですが、それでも痛いと感じる人もいるようです。

レーザー脱毛は、針脱毛の次に永久脱毛としての効果が高いと言われています。痛みは伴いますが我慢できる程度の痛みであり、料金も針脱毛より安い為、針脱毛よりもレーザー脱毛に通う人が増えています。光脱毛は痛みも少なく料金もレーザー脱毛より低いですが、その分効果も針脱毛やレーザー脱毛に比べると弱いです。永久脱毛としての効果は見られませんが、毛の量を減らすことができます。

以前は電気針を毛穴に挿入して電気を流す事により毛根を焼く、電気美容のニードル脱毛が一般的でした。
しかし、今は多くのサロンで光脱毛と言われる特殊な光(可視光線)を皮膚に当てて、毛根にダメージを与える脱毛方法が一般的となっています。

MOTEHADA|
全国から脱毛を探す [su_tabs style="default" active="1" vertical="no"

 

永久脱毛をしたのにまた生えてくる原因

永久脱毛しても毛はまた生えてくるものですが、永久脱毛してから再び生えてくるまでの期間についての個人差ってなんでしょうか。
体毛が生えてくる、濃くなる原因をまとめてみました。

妊娠

妊娠をしたら体毛が濃くなくなってきたという妊婦は多くいます。とくにお腹周りの毛が濃くなることが多いようです。妊娠中は女性ホルモンが多量に分泌されるため、ホルモンバランスの変化が起きます。ホルモンバランスが乱れるとメラニン色素が沈着しやすくなるので、妊娠したら毛が濃くなるという人が多いのです。しかしこれは一時的なものなので、産後ホルモンバランスが整っていくにつれ、元に戻っていきます。

生活習慣の乱れ

食事が不規則で栄養が十分にとれていなかったり、睡眠不足やストレスはこれもまたホルモンバランスが乱れる原因となります。

産毛の変化

レーザー脱毛や光脱毛は黒い色に反応させて毛根にダメージを与える為、薄い産毛などには効果が見られないことがあります。しかしこの照射による微量なエネルギーが、毛の細胞を活性化させて逆に毛を濃くしてしまうことがあるのだそうです。また、肌への摩擦により残った産毛が肌を守ろうとして濃くなるといこともあるようです。

  これはレーザーの特性によるもので、黒くて太い毛には反応するが、うぶ毛のような細く色も薄い毛には反応しにくいためだ。一時的な脱毛が可能でも、長期的な効果は望めないのだ。

全身の永久脱毛なんてできない? レーザー脱毛の専門医が語る、意外に知らない脱毛の話
「永久脱毛」という言葉を聞いたことがある人は少なくないだろう。本当に永久に毛が生えてこないわけではないが、長期間毛が生えてこない状態を維持できる施術として知られている。手軽なイメージもあるが、しかし、2017年7月29日~30日に大阪で開催された「第35回日本美容皮膚科学会総会・学術大会」で、新宿南口皮膚科の乃木田俊辰...

 

まとめ

永久脱毛の効果は永久に生えてこないわけではありませんでしたが、半永久的に綺麗な状態を保つことができることがわかりました。
また、永久脱毛としての効果が最も高い針脱毛は、効果は高いですが料金や痛みを考えると、レーザー脱毛や光脱毛の方が現実的かもしれません。
脱毛完了後は、毛が再び生えてくるのを防ぐためにも規則正しい生活を心がけたいですね。

タイトルとURLをコピーしました