作品集

大切な人との思い出
    ミニシアター映画
    画像

    新藤兼人

    新藤兼人

    2011年5月29日、享年100歳で息を引き取った新藤兼人監督。その生い立ちは広島県出身。1912年4月22日、広島県生まれ。21歳の時、山中貞雄の映画『盤嶽の一生』に感動し、映画監督を志したそうです。その後、京都に出て、新興キネマの現像部の雑用からキャリアをスタートさせました。同部の東京事務所に移り、美術部門に潜り込み、美術監督水谷浩から教えを受けました。脚本家としても活動し、シナリオを書き始め、溝口健二監督に師事。44年松竹大船撮影所の脚本部に移籍。同年4月に召集され、終戦を宝塚海軍航空隊で迎えました。終戦後、脚本家として活躍したのち、50年に吉村公三郎、殿山泰司たちと独立プロ「近代映画協会」を設立し、51年『愛妻物語』で監督デビュー。60年、『裸の島』がモスクワ国際映画祭のグランプリに輝きました。

    新藤兼人の活躍

    新藤兼人監督の本当に凄いところは、生涯に何度か訪れた絶対的な危機を、強い意志で乗り越え、99歳で完成させた最後の映画「一枚のハガキ」を、それまでのすべての作品を上回る代表作にしたことです。監督デビューは『愛妻物語』です。『原爆の子』『第五福竜丸』『裸の島』『鬼婆』『藪の中の黒猫』『賛歌』『午後の遺言状』などの代表作で知られます。また、『鬼婆』(64)、『本能』(66)など実験的な作品、記録映画の傑作と評価された『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』(75)などを次々と発表。95年『午後の遺言状』が日本アカデミー最優秀作品賞など多数の映画賞を独占。多くの名作を残し、国内外の数多くの賞を得ました。近代映画協会会長なども務めました。撮影時98歳であった11年『一枚のハガキ』で第23回東京国際映画祭審査員特別賞を受賞。97年には文化功労者に選ばれ、02年には文化勲章を授与されまたまさに日本を代表する映画監督です。

    新藤兼人の人物

    脚本家として本格的な映画人生をスタートした新藤兼人監督は、自ら49本の作品を監督しました。その中には「独立プロという枠の中で頂点を極めた作品」という「鬼婆」をはじめ、「裸の島」や「ある映画監督の生涯」「午後の遺言状」など、日本映画史にさんぜんと輝く作品があります。テレビドラマ、演劇作品も含めると手がけた脚本は370本にもおよび、多くの賞を受賞しました。

    新藤兼人の才能と高い評価

    新藤兼人監督は他の巨匠といわれる監督たちに比べ、他の監督に脚本を提供し、なおかつ高い評価を受ける仕事が圧倒的に多く、そちらに限定しても最高峰の脚本家であるといえます。その意味では両方の仕事をあわせた日本映画への貢献度ははかりしれません。監督としては社会的テーマを強く打ち出した作品か文芸作品がほとんどですが、脚本家としては娯楽色の濃い作品も多く、コメディやミステリーなどでもその多彩な才能を発揮しています。

    受賞歴

    3度グランプリを受賞したモスクワ国際映画祭では、2003年(平成15年)に特別賞を受賞しています。1996年(平成8年)に第14回川喜多賞、1997年(平成9年)に文化功労者、2002年(平成14年)に文化勲章を授与されました。また、映画を通じて平和を訴え続けた功績により、2005年(平成17年)に谷本清平和賞を受賞しました。「多くの傑作映画を世に送り出し、日本最高齢現役監督として映画「一枚のハガキ」を完成させた」として、2011年(平成23年)に第59回菊池寛賞を受賞しました。

    新藤兼人賞とは?

    新藤兼人賞を知っていますか?新藤兼人賞とは、独立プロ56社によって組織される日本映画製作者協会に所属するプロデューサーが「この監督と組んで仕事をしてみたい」つまり、プロデューサーとして「今後この監督に映画をつくらせてみたい」という観点でその年度で最も優れた新人監督を選びます。他の映画賞とは全く違う選考基準を持ち、現役プロデューサーのみが審査員をつとめる日本で唯一の新人監督賞です。新藤兼人賞は1996年、「新人監督たちを発掘、評価し、今後の日本映画界を背負ってゆく人材を育てたい」というプロデューサー達の思いから生まれました。 第8回(2003年)までは応募制でしたが、「応募されてきた十数作品の中から選ぶのでは、本当の意味での”新人監督発掘”にはならないのではないか」という議論の末、第9回(2004年)から新人監督作品に該当する全作品(前年12月~本年11月公開)の中から選考するという方法になりました。新人監督に該当する作品数は年々増えています。受賞者には新藤監督自らデザインしたトロフィー、そして副賞として、金賞には100万円、銀賞には50万がそれぞれ授与されます。

    新藤兼人監督の名言・格言

    新藤兼人監督の名言・格言をまとめました。

    仕事とは自分であり続けること
    『私は仕事をして生きてきた。その仕事の中に私自身が含まれていると私は思います。仕事とは、私であり続けること、私とは何かを考え続けることなんです。』
    人は一生仕事して生きる
    『人は一生仕事をして生きる。何人もそうである。君は何のために生きているかと問われれば、躊躇なく、私は仕事のために生きていると答える。』
    仕事とは生き方そのもの
    『人は皆、仕事をして生きてきました。私みたいな映画監督であろうが、ビジネスマンや農民、医者であろうが、技術を磨き、仕事をすることで、結婚したり子供をつくったりしてきました。家族を養うために仕事をし、仕事をしてきたから過程を作ることができたという意味で、仕事とは生き方そのものです。』
    死ぬまで仕事をし続ける
    『私は間もなく89歳になりますが、これからも映画を撮り続けようと思っています。年を取ったら取ったなりに、新たな素材との出会いがありますから、常に企画を何本か用意して、準備しています。準備をしているということが生きていることなんです。その途中で死んでも構いません。準備しながら生きること、それは自分の安定感になります。約束された安息ではなくて、どうなるかわからないという安定感です。』

    現実は厳しいから、自分に価値がなければ認めてもらえない

    『私自身を例に挙げれば、シナリオを書き、映画を撮っていますが、私に何ら能力がなかったら世間は受け入れてくれません。現実は厳しいから、お前は年を取ってしまってもう駄目だけれど、仕方がないから認めてあげようなどということは絶対にない。価値がなければ認めてもらえないんです。』

    定年退職制度は、老人を理解していない悪しき制度

    『企業の定年退職は、人間の能力について想像力を欠如させた悪しき制度ですね。社会制度、つまり人間の生き方に対する社会的な観念が、寿命の延びに追いついていないのがいまの大きな問題だと思いますが、定年制度はそのひとつです。60歳を超えたら引退して静かに暮らすべきだというのは、老人を理解していません。』

    何のために生きるのかを明確にする

    『人は老いれば、老いというものの中にいろんな問題を抱えます。金銭的に恵まれないとか、健康を害するといったことです。しかし、生き方の成り行きの中でそれらにまみれて自滅していくのはやはり悲しい。できれば、闘いながら終わっていきたい。そのためには何のために生きるかという自分の意志や個性、生き方をしっかり持っていなければならないと私は思います。』

    年齢自体がひとつの才能]

    『かつて人生50年と言いました。医学が進歩し、環境が整備されたいまは、人生80年です。それも枯れ木のように老いた期間が長引いたのではなく、才能や知識、見識、経験が頂点に達した期間が引き伸ばされました。いまの80歳といったら、昔の60歳くらいでしょう。まだまだ能力はあります。しかも、それは挫折と闘い、それを乗り越えてきた能力だから、覚悟とか勇気とか生き方とか若い人にはないものが含まれます。そういう年齢自体がひとつの才能です。』

    新藤兼人監督作品

    新藤兼人監督の監督作品をまとめました。

    • 1951年 『愛妻物語』
    • 1952年 『雪崩』『原爆の子』『原爆の子』
    • 1953年 『女の一生』『縮図』『縮図』
    • 1954年 『どぶ』
    • 1955年 『狼』『銀心中』
    • 1956年 『流離の岸』『女優』
    • 1957年 『海の野郎ども』
    • 1958年 『悲しみは女だけに』
    • 1959年 『第五福竜丸』『花嫁さんは世界一』『らくがき黒板』
    • 1960年 『裸の島』
    • 1962年 『人間』
    • 1963年 『母』
    • 1964年 『鬼婆』
    • 1965年 『悪党』
    • 1966年 『本能』『尖石遺跡』『蓼科の四季』
    • 1967年 『性の起原』
    • 1968年 『藪の中の黒猫』『強虫女と弱虫男』
    • 1969年 『かげろう』『触角』
    • 1971年 『裸の十九才』
    • 1972年 『鉄輪』『讃歌』
    • 1973年 『心』
    • 1974年 『わが道』
    • 1975年 『ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』
    • 1977年 『竹山ひとり旅』
    • 1979年 『絞殺』
    • 1981年 『北斎漫画』
    • 1984年 『地平線』
    • 1986年 『落葉樹』『ブラックボード』
    • 1988年 『さくら隊散る』
    • 1992年 『東綺譚』
    • 1995年 『午後の遺言状』
    • 1999年 『生きたい』
    • 2000年 『三文役者』
    • 2003年 『ふくろう』
    • 2008年 『石内尋常高等小学校 花は散れども』
    • 2011年 『一枚のハガキ』